Sponsored Links
恋愛 PR

既読スルーはもう嫌だ!相手にアピールする3つの戦略!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

LINEは現代の生活になくてはならないツールです。

友達や家族とのやりとりはもちろん、仕事や恋愛にも役立っています。

LINEの特徴の一つは、メッセージを送った相手が読んだかどうかが「未読」「既読」で分かることです。

恋愛においては、既読スルーという問題がよく起こります。

相手がメッセージを「既読」にしたのに返事がない場合、無視されているのではないかと不安になりますよね。特に気になる人からの既読スルーは辛いものです。

この記事では、既読スルーされた時にどうすべきか、どうすべきでないかを紹介します。また、既読スルーの原因や防ぐ方法なども一緒に解説します。

既読スルーに対処する三つの有効な方法

既読スルーに対処するにはどうしたらいいでしょうか?三つの有効な方法があります。

  • 少し間をあけてみる
  • 自分が送ったメッセージの内容を見直す
  • 別の話題で再度メッセージを送る

「既読スルーだ…。」と悲観するのはもうやめましょう!これから紹介する方法で既読スルーを乗り越えて下さい。

少し間をあけてみる

少し待ってみましょう。相手は仕事や用事で忙しくてすぐに返事ができないかもしれません。

また、返信の速さは人によって違います。すぐに返事をしないのはあなたにとって遅いと感じるかもしれませんが、相手にとっては普通で、後で返事をしようと思っている場合も。既読スルーを意図している訳ではありません

気になる人からの返事は早く欲しいものですが、焦らないことです。返事をせかすとうざがられる可能性も。ここは一旦我慢しましょう。

自分が送ったメッセージの内容を見直す

自分が送ったメッセージの内容を見直しましょう。

長々と書きすぎたり、相手がどう返事をすればいいか分からないような内容ではありませんか?

読むのが苦手な人は、長文が来ると読むのを嫌がりますし、結局何が言いたいのか伝わらないかもしれません。

また、文は短くてもどう返事をすればいいか分からないような内容ですとメッセージの返信率は低くなってしまいます。質問を入れると相手も返事しやすくなりますね。

別の話題で再度メッセージを送る

別の話題で再びメッセージを送ってみましょう。

相手の都合が分かっているなら日付や時間も考慮して、相手の暇な時を狙うと返事がもらえるかもしれません。

なぜ返事をしてくれないのかと詰め寄る内容は絶対にダメです。 文が長くなっていないか、返事しやすい内容か送る前に一回確認してから送りましょう。

相手が既読スルーするのはどんな理由がある?

相手が既読スルーをするのにはどんな理由があるでしょうか。五つの可能性があります。

  • 仕事や用事で忙しくて返事ができない
  • 返事をする必要がないと感じている
  • 返事をするのを忘れてしまっている
  • 恋愛の作戦として返事を遅らせている
  • LINEのやりとりに興味がなくなっている

以上の理由で既読スルーになっているかもしれません。それぞれ詳しく説明しますので、どのケースか考えてみましょう。

仕事や用事で忙しくて返事ができない

仕事や用事で忙しくて返事ができないケースです。

LINEの内容は見たけど、忙しくて返事ができない。落ち着いたら返そうと思っているのかもしれません。

また、あなたのLINEに対して忙しい時に適当に返したくないという気持ちもあるかもしれません。返事の内容をちゃんと確かめたいのかも。

もし既読スルーされたら、相手は今忙しい時間帯なのかどうか一度考えてみましょう。

返事をする必要がないと感じている

返信をする必要がないと感じている場合です。

既読スルーと言えば既読スルーですが、無視をされている訳ではないので心配しないで下さい。

返信が必要かどうかは人によって基準が異なります。あなたが送った内容がLINEのやり取りはここで終わりだと思ってしまっているのかもしれません。

この場合は、質問など相手が迷わずに返せる内容を意識すると、ちゃんと返信してくれるはずです。

返事をするのを忘れてしまっている

返信をするのを忘れてしまっていることもあります。

相手が忙しかったり他に用事がある時にLINEが届いて、後で返そうと思ってそのまま忘れてしまっていることもあります。

内容は見ているので、既読にはなっています。通知も消えているので返信を忘れていることに気づきにくいのです。

もう一度メッセージを送ってみると「返信できなくてごめんね!」とすぐに返信が来るかもしれませんね。

恋愛の作戦として返事を遅らせている

わざと返信をしないで恋愛の駆け引きをしている可能性もあります。

相手もあなたのことが気になっています。あなたに興味を持たせようとして返信を遅くしているのです。あなたを焦らせている状態です。

返信がないことでドキドキさせて自分のことを考えさせようとしている恋愛作戦です。気になる相手は恋愛経験が豊富かもしれません。

LINEも恋愛の駆け引きとして上手に使っています。

付き合う前のワクワクする駆け引きを楽しむのも良いですね。

LINEのやりとりに興味がなくなっている

LINEのやりとりに飽きてしまっています。

LINEのやりとりが好きではない人もいます。好きではない人は少しでも長い文や、返答に困る内容のLINEが来ると返信する気にならなくなります

LINEが好きではない相手には、簡潔で返答しやすい内容を心がけましょう。または電話で話せる仲なら、LINE電話などでコミュニケーションするのも良いでしょう。

ただし、相手の都合を考えて迷惑にならないように注意して下さい。

既読スルーされた時にやってはいけないことはこれ!

既読スルーされたらどうすべきかを紹介しましたが、逆に既読スルーされた時にやってはいけないことも説明します。

  • 何回も追加のメッセージを送る
  • 既読スルーした理由を詰め寄る

以上の二つです。それぞれ詳しく説明しますね。

何回も追加のメッセージを送る

何回も追加のメッセージを送るのはダメです。

既読になって返事がないからと言って、相手の都合を無視して返事が来るまでひたすらメッセージを送ってはいけません。

あなたのことを嫌いになってしまうかもしれません。

しつこすぎると、ストーカーみたいに思われてしまう恐れもあります。

我慢して、メッセージを送るなら一回か二回くらいにしましょう。「返事がないけど大丈夫?心配だよ」と相手を気遣うメッセージを送れば好感度が上がります。

既読スルーした理由を詰め寄る

既読スルーした理由を詰め寄ってはダメです。

「なんで返事してくれないの!?」と詰め寄られてはストレスに感じてあなたとのメッセージが面倒になってしまうかもしれません。

もし返事が来たら「返事ありがとう、嬉しいよ。」などと素直に送ると相手も気分が良いでしょう。既読スルーの理由は詰め寄らず、お互いが楽しめるメッセージにしましょう。

既読スルー=脈なしではない!判断するポイント

既読スルーは脈なしとは限りません!返事がないからと言って悲観しないで下さい。判断するポイントは三つあります。

  • 返事が来たときに謝罪する言葉がある
  • 相手が絵文字やスタンプを使って表情を見せている
  • 顔を合わせた時に普段通りに接してくれる

既読スルーは脈なしとは言えないので、気落ちしないで下さい。

返事が来たときに謝罪する言葉がある

返事が来たときに謝罪する言葉があるときは無関心ではなかったということです。

「返事遅れてごめんね!」「忙しくてLINEできなかった」など謝罪や既読スルーの理由などの言葉があった場合は、あなたの気持ちを考えてくれている証拠です。

無視をされていたのではありません。返事が遅くなって相手も焦っているかもしれません。「大丈夫だよ。忙しいのにありがとう。」などあなたからも言葉をかけると相手も安心できますね。

相手が絵文字やスタンプを使って表情を見せている

相手が絵文字やスタンプを使ってくれるときは、あなたとのLINEのやりとりを楽しんでいるかもしれません。

興味のない相手や、LINEをしたくない相手には適当に文字だけで済ませたりします。むしろこれ以上やりとりをしたくないから敢えてそっけなくする場合もあります。

絵文字やスタンプを使っている時はあなたとのLINEのやりとりに気を使っているからです。

顔を合わせた時に普段通りに接してくれる

既読スルーのままでも、顔を合わせた時に普段通りに接してくれます。

相手はLINEのやりとりよりも直接会うことに重きを置いています。返信しなくても問題ないと思っていて、既読スルーも気にしていないかもしれません。

あなたとのコミュニケーションの基準が違うだけで、脈が無いというわけではありません。

もし付き合うことになった場合、LINEやりとりの感覚などで揉めたり喧嘩になったりしないように、相手の基準は把握しておくと良いですね。

今後既読スルーされないために気をつけたいポイント

既読スルーは無視とは違うけど、やっぱり既読スルーは嫌!という人へ、今後既読スルーされないように気をつけたいポイントを紹介します。

  • 長文メッセージは控える
  • 送信する時間を考慮する
  • 相手のペースに合わせる

こちらの三つを意識してメッセージをしてみて下さい。詳しく説明していきます。

長文メッセージは控える

長文のメッセージは避けてください。

相手が読みやすいようにできるだけ短くまとめましょう。伝えたいことや話したいことがたくさんあっても長文のメッセージにしないようにしましょう。

あまり文が長いと何が言いたいのかわかりにくくなりますし、読むのが面倒になります。会話でいうとあなたがずっと話し続けている感じです。

相手との言葉のやりとりがうまくできていません。

相手とスムーズにメッセージできる文を心がけましょう。

送信する時間を考慮する

メッセージ送信する時間帯も重要です。

早朝や深夜など睡眠の時間帯は避けてください。また、相手の仕事などの忙しい時間も避けてできるだけ時間にゆとりのあるプライベートな時を狙ってください。

相手も忙しい時はメッセージを後回しにすることが多いです。反対に、時間がある時は余裕があるので返信率も高く、既読スルーも防げます。

毎回毎回忙しい時にメッセージが来ると、相手は迷惑だと感じてしまうかもしれません。大体でもいいので相手のスケジュールは把握しておくと良いでしょう。

相手のペースに合わせる

メッセージのテンポも相手のペースに合わせましょう。

メッセージをしている相手の返信が毎回早く、自分も早く返信しなきゃと気持ちが焦る時はありませんか。反対に相手も同じペースだと安心できますね

気になる人とのメッセージも、相手の返信のテンポに合わせてみると良いでしょう。お互いプレッシャーを感じないで、やりとりのテンポが同じことで心理的にも親しみを感じやすくなります。試してみてください。

Sponsored Links